ペットに関するトラブルを解決したい!弁護士の無料相談サービスは役に立つ?

私はオスのダックスフンドと暮らす独身の30代・女性です。最近はワンちゃんが関わるご近所トラブルの話題をよく耳にします。犬を飼う者として、もし愛犬がトラブルを起こしてしまったらどこに相談すべきか悩む今日この頃。

今回は、私の悩みとその解決方法についての話を聞いてください。同じ悩みを抱える皆さんのモヤモヤが、少しでも晴れたら幸いです。

ペットのワンちゃんに関わるご近所トラブルが増加中らしい。我が家も例外ではなく…

最近ご近所の奥さんに、顔を合わせるたび『お宅のワンちゃん、毎日お元気ねえ』と声を掛けられます。それってつまり『お前の犬がうるさくてかなわん、何とかしろ!』ってこと?確かに、我が家の犬はよく吠える。犬種はよく吠えることで有名なダックスフンドだし、小心者のクセにやたら強がり。

宅配のお兄さんから訪問販売のセールスマンまで、知らない人にはとにかく威嚇しまくります。私に対しての構ってアピールもすごい。私はもはや慣れっこなので完全無視ですが、ご近所さんにとっては…かなり迷惑なんでしょう。

ただ、一つだけ言い訳をさせてもらいたい。『お元気ねえ』の奥さん、あなたのワンちゃんも十分うるさいです!昼夜問わず吠えまくり、数軒先の我が家まで声が響いています。もちろん奥さんが『うるさい!』とワンちゃんに怒鳴る声も、毎回こちらまで届いていますよ。

散歩中に会うたび、私も『お宅のワンちゃん(とあなた)も、毎日お元気ねえ~』と言い返してやりたい気持ちでいっぱい。でも、犬の吠えグセが原因のご近所トラブルって増えているらしいですね。下手をすれば、泥沼の裁判沙汰ってことも…。

愛犬に似て小心者の私は、今日も黙ってやり過ごすのでした。

愛犬の吠えグセで慰謝料を支払った事例も。飼い主の責任は重い…

お互いにワンちゃんを飼っていれば、多少の迷惑はお互いさまと言えます。事実、私たちもお互い我慢しながら暮らしているのですから。でも、その我慢が限界に達したら?例えば犬の鳴き声で眠れなくなり、病院で薬を処方してもらうことになったら。

『私ばかり迷惑を掛けられて、私ばかり余計な出費をしている!』と思ってしまうのが人間です。私は自分も迷惑を掛けている自覚があるから、まだ我慢できているのかもしれません。しかし、ワンちゃんを飼っていない方からしたら理不尽そのものですよね。

実際に裁判まで発展したケースでも、訴えを起こしたのはワンちゃんの吠えグセが原因で睡眠不足となった男性です。トラブルのもとになったワンちゃんは、長い時で3時間も吠え続けることがあったとか。しかも、早朝や深夜などまだ人が眠っている時間帯のことです。

私がもし裁判を起こされたら、争うことなく非を認めてしまうかも…睡眠を妨害されるのって、かなり辛いことですもんね。このケースからは、飼い主の持つ責任の重さが改めて感じられます。

トラブルの原因は吠えグセだけにあらず!私も日々怒ってます

ご近所のワンちゃんに関しては、もう一つ困ったことがあるんです。それは、飼い主の奥さんがたびたびノーリードで散歩させていること。割と田舎なのでその辺は緩いのかな~とは思いますが、急に道路を横切ることもあって毎度ハラハラしてしまいます。『事故に遭ったら危ないよ~』とさりげなく注意はするものの、まるで聞く耳持たず。この間なんかは、遠くからいきなり猛ダッシュされてビックリしてしまいました。そもそも、リードを付けずに散歩するなんてマナー違反では?

ワンちゃんをノーリードで好き放題に歩かせることは、ワンちゃんが事故に遭ってしまうリスクを高めるだけでは済みません。時にはワンちゃんが事故を起こし、誰かにケガをさせてしまうこともあります。実際にあったケースを調べてみると、2016年にそういったトラブルを巡る裁判があったそうです。裁判の結果は、ワンちゃんの飼い主が和解金を支払うことで決着。つまり、ノーリードでの散歩は裁判所的にもアウトだということです。体の小さなワンちゃんでも時には大きな事故の原因になりますし、大きなワンちゃんならなおさらです。私も気を付けるので、皆さんも十分お気を付けください!

ワンちゃんに関するご近所トラブルが起きたら

とは言え、ご近所とトラブルを起こしたくてワンちゃんを飼っている人もいませんよね。たいていのトラブルは、本人の気づかないところで起こっています。犬の吠える声なんかは特にそうです。毎日間近で聞いている飼い主にとっては、多少のうるささも慣れたもの。

しかし無関係のご近所さんにとっては、日常生活を妨害する騒音でしかありません。だから、ある日突然『お宅の犬のせいで眠れなくなった、訴えてやる!』と怒鳴り込まれてビックリ!なんて事態が起きてしまうのです。

ワンちゃんが関わるご近所トラブルは、早めの解決が吉。それは自身がトラブルを起こした側でも、起こされた側であっても同様です。もし愛犬に関して苦情を入れられたら、私ならすぐに謝ってしまいます。普段からいつ苦情が入ってもおかしくないと思っていますし、愛犬の全ては私に責任があるからです。

裁判にまで発展する前に、なるべく話し合いで解決できたらそれがベスト。もちろん『トラブルになる前に、愛犬の吠えグセを何とかしなければ』とは思っています…。

無料で法律相談できる機関があるらしい

もしご近所トラブルがこじれ、お金の話も絡んできたら…もはや法律のプロを頼るしかありません。ただし、弁護士や行政書士に相談すればそれだけ費用も発生してしまいます。「初回の相談は無料!」なんてサービスをしている法律事務所もありますが、初回だけで解決するとは思えませんよね。

また法律に詳しくなければ、それが誰に相談すべきか(あるいは、そもそも誰かに相談すべきなのか)分からないこともあり得ます。そこで、第一の相談先として便利らしいのが「法テラス」。これは国が作った公的な機関で、全国各地に相談窓口を置いています。資産や収入などの条件を満たせば無料で相談できて、1つの相談につき3回まで利用できるそうです。ここに相談すれば、どんな解決法があるか・次はどこに相談すればいいかを教えてもらえます。また、誰かに話すことで今悩んでいる内容がスッキリ整理できることってありますよね。法テラスはそれにピッタリな相談先と言えます。ご近所とトラブルが起こったら、まずは法テラスの利用を検討してみては?自分に一番合った解決方法を示してくれるかもしれません。私も困ったことがあったら頼ってみたいと思います!